sunshine

日本におけるゲストハウス

photo

ゲストハウス(シェアハウス)という居住形態は、海外から形式制度を導入したものです。しかしながら、だからといって諸外国で使われているような制度設計をそのまま使っているというわけでもなく、日本のルールや常識に従っていくつかアレンジをしてある点もあちこちにあります。
海外におけるゲストハウス(シェアハウス)では、どちらかというと入居をするのはトラベラーやパッカーといった、点々と各地を渡り歩いていく人によって利用されています。そのため、ゲストハウス(シェアハウス)周辺にある一般住宅やアパートメントと家賃を比べ、特段に安さを感じるものばかりではありません。むしろ、普通に賃貸住宅を借りた方が安いというケースもしばしば見受けられるほどです。
日本において格安のゲストハウス(シェアハウス)が運営可能となっているのは、90年代の急激な不動産バブルとその崩壊という特殊な土地的条件によるからです。むしろ、海外諸国を見ても同じような状況によってゲストハウス(シェアハウス)を運営しているところはないでしょう。
理由はともかく、日本におけるゲストハウス(シェアハウス)が一般の人にとって大変利用がしやすい居住形態となっているということには変わりません。そのため、現在入居をしている人を見ると、派遣OLやフリーターなど、単純に家賃部分の負担を減らす目的で利用する長期居住者も多くなっています。さまざまな目的として利用をすることができます。