sunshine

ゲストハウスとコミュニティ

photo

ゲストハウス(シェアハウス)はよく、マンスリーマンションやウィークリーマンションといった短期滞在型の賃貸住宅と比べられます。いずれも入居の際には敷金や礼金といった賃貸住宅を借りるときの費用が必要とされず、また生活に必要な家財道具の一通りがあらかじめ用意されていることが多いという点が同じです。
ゲストハウス(シェアハウス)がそれら短期滞在型の賃貸マンションと大きく違うのは、共有スペースによる他の居住者とのコミュニケーションの必要性です。また、通常の賃貸であれば何らかの不具合が生じたときには管理会社が仲介となって解決をはかります。しかしゲストハウス(シェアハウス)の場合、基本的には住民同士のトラブルや自治ルールは住民同士の話し合いによって解決をすることが前提とされています。
また、ゲストハウス(シェアハウス)は連帯保証人を必要としないことも多いことが特徴です。複雑な家族環境により、連帯保証人が用意できず通常の賃貸住宅と契約ができないという女性などであっても、ゲストハウス(シェアハウス)では受け入れをしてくれることがほとんどです。そこで新たな家族としての人間関係を築くことができたという人もよく見られます。
ゲストハウス(シェアハウス)を利用する人の中には、独自のコミュニティへの参加を希望する人もいます。そのためむしろ同じような職業・年代や国籍を持った人ではなく全く違う人の集まる場所を希望している人もいるほどです。